読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」J・K・ローリングス

f:id:koume1114:20170316102549j:image

ハリーに感情移入して読むと

焦燥感、不信感、そして不安で胸がかきむしられる。

ダンブルドアが少しでもハリーに気持ちを伝えていれば

ハリーはあそこまで追い詰められずに

ダンブルドアを信じて耐えられたのに。

そうすれば、彼も死なずに済んだかもしれないのに……。

 

お話しと分かっているのに

思わずそう感じてしまうのは、やっぱり作者の力量か。

 

中学生の頃の

肥大した自尊心を持て余す感じ

抑えきれない怒りのパワー

自分にも心当たりがあってアイタタタタ。

 

早く次が読みたくて

リアルタイムで読んでた読者は

次巻を待つのが大変だったろうな。

こりゃ世間も熱狂するわ!   ←チョー今さら(笑)

 

記録漏れてるけど

「アズガバンの囚人」も

「炎のゴブレット」も、もちろん読了。

 

シリウスってカンペキにカッコいいヒーロー

……じゃないところが、面白いキャラクターだったな〜。